ホームページ制作

ビジネスブログと無料ブログどちらがいいか

ビジネスブログとフリーブログ

最近はこのようなご質問も減りましたが、ビジネスブログと無料ブログのどちらが良いのですか?とは結構頻繁にあったお問い合わせになります。

こちらについては、結局はどちらでも良いというのが回答になりますが、しかしどちらにするかでどの対策を行うのかが分かれてくるのです。

そのため、どちらを始めればいいかについては、そのホームページの状況によって異なっており、最適な法を選択することが大切です。

そこで今回は、ビジネスブログと無料ブログどちらがいいかについてご紹介をいたします。

どちらのブログが良いか

ビジネスブログとフリーブログどっちが良い?

まずビジネスブログと無料ブログのどちらが効果的かを悩まれる方は多いと思います。

そしてなぜこの記事を書こうと思ったかと言うと、実際にどっちが良いのだろうと検討をしたときに、ビジネスブログと無料ブログのどちらが良いかと言う記事を見かけ、参考になったので弊社もこのテーマで記事を書こうと思いました。

基本的にはどちらがいいかと問い合わせを昔は結構いただいたときには、どちらでも大丈夫ですと答えていたのですが、しかしこれは現在のSEOにおいては相当検討をしたほうが良いものになっています。

この検討は、自社のホームページとライバルサイトにおいて、ページ数と被リンク数を調べることになっており、これらをしっかりと調べて、足りない部分を補っていくことで、ホームページの成果は飛躍的に高まっていきます。

そのため、自社のホームページの状況から判断するべき項目になっておりこれらをしっかりと行うことで、ホームページの成果は高まります。

ビジネスブログが良い場合

ビジネスブログ

まずビジネスブログは基本的にはホームページ内部のコンテンツになっていて、これらで制作する場合には自社のホームページのページ数が足りない場合がお薦めになります。

基本的にはグーグルは最も詳しいホームページを上位表示させており、この詳しいというのが、ページ数と被リンク数になっています。

そしてページ数が足りない場合はビジネスブログを制作して、そのコンテンツを更新してどんどんページ数を増やすことで、グーグルが評価するに値するホームページと判断してくれるまで増やすと良いでしょう。

このページ数を増やすことは、比較的どの会社さまもやっていることで、中にはそれすらも外注したいと言われることがありますが、もちろん対応は可能なのですが、費用対効果で考えれば、絶対に御社で行っていただいたほうが良いものになってくるので、しっかりと自社内でページを作成し続けることで、ホームページの成果は高まります。

その際に、質の低いページを量産しても全く意味がないので、しっかりと質の高いページを作成し続けることでホームページはその効果を飛躍的に高めることが可能になります。

そのため、とにかくページ数は大切ですが、しっかりとした記事を作成いただくことで、本当に効果的なページ作成が可能になり、御社の期待を超えるだけの成果を生み出すことができるのです。

これらを徹底することで本当にホームページの成果は高まりますので、まずはしっかりとライバルサイトを超えるくらいのページ数まで増やしていただくことがお薦めです。

無料ブログが良い場合

無料ブログ

無料ブログを作成して運営することで、その無料ブログからの訪問者の獲得と、さらにはリンクを張ることで、被リンク効果によるSEO効果の向上が実現されます。

どちらの場合においても、無料ブログだからと言って闇雲に運営していては成果を出すことができず、しっかりと記事を作成してそこからリンクを張ることが大切になっています。

基本的には記事ページからのリンクは、その記事ページの質が低ければユーザがリンクをクリックしてくれることはありませんし、さらには被リンク効果によるSEOの場合であっても、その無料ブログ全体の質が低ければ当然グーグルは認識してくれることがないのです。

そのため、しっかりと無料ブログを制作して運営することが重要になっていて、これらを徹底して行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まるのです。

この無料ブログを使う場合には、グーグルの被リンクはドメインが異なることを求めているので、基本的には別ドメインで複数の無料ブログ運営がお薦めになっており、これらをしっかりと検討して無料ブログを運営することで被リンク効果を最大化することが可能です。

弊社のお薦めとしては、グーグルブロガー、アメブロ、note、ライブドアブログあたりになっており、これらは最低でも立ち上げて、その他のブログとして、FC2やはてなブログなどを制作するのが良いでしょう。

訪問者の誘導だけの目的であれば、もちろん1つのブログから定期的に自分のホームページへとリンクするだけでも良いのですが、実際には、そういうこともないと思いますので、被リンク効果を狙うのであれば、ドメインを分けて被リンクを行うようにしましょう。

これらを継続することで、御社のホームページは本当に効果的なものになるのです。