ホームページ制作

グーグルサーチコンソールを導入していますか?

グーグルサーチコンソールの導入

グーグルサーチコンソールは導入していますか?

こちらのグーグルサーチコンソールは、SEO対策、もっと言うと検索から1人でも訪問者を集客したいと考えたときに必要なツールになっており、こちらのツールを導入することで、より効果的なホームページ制作が行えるようになります。

そこで今回はグーグルサーチコンソールについてご紹介をいたします。

グーグルサーチコンソールとは

グーグルサーチコンソールとは

グーグルサーチコンソールとは、すべてのホームページ管理者さまに導入頂きたいツールになっております。

こちらのツールでは、主に検索結果ページでの分析ができるものになっていて、しっかりとこれらのツールを運営していくことで期待以上の成果を出せるようになっています。

そしてこのツールは、基本的には、すべてと言いましたが、まったく検索からの訪問者を狙っていない場合においては不要で、検索から一人でもユーザを集客する場合に限り必要なツールになっています。

どういうことかというと、こちらのグーグルサーチコンソールでは、ホームページの情報を送信できることと、さらにはホームページが抱える問題点の抽出が可能になっています。

グーグルサーチコンソールについては、下記でアクセス可能ですので、もしご興味がございましたら、導入をお願いいたします。

ホームページの情報を送信

ホームページの情報を送信

まずグーグルサーチコンソールでできることの中でもっとも重要なのがホームページの情報送信になっています。

基本的にはホームページの情報を送信することで、グーグルがホームページの情報を認識できるようになっていき、検索結果に露出できるようになっています。

この作業をまったく行っていないと、ホームページから成果を出すのが難しくなっており、しっかりと対策を継続して行っていくことで、ホームページは期待以上の成果を出せるようになっています。

そしてこの作業については、実は結構重要な要素になっていて、グーグルの認識をサポートすることで、ホームページのすべてのページが認識されるようになるので、御社がメインで上位表示を狙っているキーワードで順位を上げることが可能なのです。

このグーグルにホームページの情報を送信する方法は、主に2つあり、1つ目がXMLサイトマップの送信、もう一つがグーグルにURLの送信になっています。

XMLサイトマップの送信についてはグーグルが、ページの認識で2番目に大切であると言っている通りであり、必ず送信していく必要があります。

このXMLサイトマップに情報を送信することで、SEO対策の第一歩になるので必ず送信するようにしましょう。

また、このXMLサイトマップは1度送信すれば変更があったとしても再送する必要がないや、できれば主導ではなく、自動で吐き出されることが大切になってくるので、しっかりとこれらを自動化して送信するようにしましょう。

次の対策としてURLの送信があります。

こちらのURLの送信は、基本的には送信したからと言って必ずグーグルが認識するモノではないので、サブ的に利用するといいでしょう。

利用方法としては、ページを作成したら送信しておくようにする程度であり、実際に弊社は行っておりませんが、グーグルの巡回頻度が低い場合は行っておくといいと思いますし、巡回頻度が高い場合は、そんなにする必要はないと思います。

ホームページの問題点の改善

ホームページの問題点の改善

次にグーグルサーチコンソールでは、ホームページの問題点の発見と改善が可能になっています。

しかし実はこの問題点の改善については結構難しい内容もあるので、かなり予算がかかるようであれば、また別で対応をしたほうが良いと思います。

ただし、自分でできる改善もあるので、自分で改善ができる場合は自分で行うことで、本当に効果的なホームページ制作が可能になっています。

そしてこのホームページの問題点の改善については実はアフィリエイターなどの投稿や記事などを見ていると、SEOの初期段階で行うべき対策との発言が多くあるので、しっかりと意識をしていく必要があります。

ただし、こちらの改善は弊社で改善をしてみたところ、実はそれほど効果を発揮するモノではなく、改善しないよりしたほうが良い程度に考えることが大切なレベルになっております。

基本的にグーグルが目指すところはおそらくですが、ソースコードなどに依存をせずにそのページのコンテンツ内容を正確に理解して、最も詳しく人気のあるページを上位表示したいと考えていると思います。

そのため、これらを徹底して行うことで、御社のホームページは飛躍的に効果を増していき、期待以上の成果を出せるようになるのです。

ここまでがグーグルサーチコンソールを導入したら行うことになっており、それ以外にも露出キーワードのチェックであったり、クローラーの訪問頻度なども見ていくことが可能ですので、しっかりとこれらを見ながら調整することで、ホームページ制作は本当に成果を出せるようになっています。