SEO

SEOとは

SEOとは

SEOって何ですか?とよくご質問をいただきます。

SEOとは一言でいうと、検索エンジンが好むホームページを制作して運営することを言いますが、この検索エンジンが好むホームページとはユーザのためのホームページ制作になっています。

こういうと多くの方が、基本的にうちのホームページはユーザのために制作しているのでSEOができていると思うかもしれませんが、実はグーグルはプログラムでほぼ完全自動でホームページの情報収集やランク付けを行っているので、プログラムに対しても最適化する必要があるのです。

そこで今回は、SEOって何だろうというポイントに絞りSEOとはについてご紹介をいたします。

SEOとはユーザとプログラムのための施策

SEOとはユーザとプログラムのための施策

弊社はSEOを提供する大阪の会社です。

弊社ではSEOを闇雲に提供をしているのではなく、しっかりと数値データを出してその数値データをクリアーしていただくことで、SEO効果を出しているのですが、実はこの数値データをクリアーする際には、あるルールがあるのです。

それはSEO対策は基本的にページ数と被リンク数が大切になってくるのですが、このページ数と被リンク数においては、実はかなり意識をしていく必要があり、それはユーザのために記事を作成することはもちろんですが、プログラムのためにも記事作成を行わないといけないのです。

基本的にはユーザのためとなると、画像や強調、表などを利用して見やすいだけで良いのですが、しかしそれだけではプログラムは良いホームページだと認識してくれません。

プログラムが良いホームページだと認識してくれるのは、基本的にはしっかりとしたボリュームのあるからのホームページの被リンクになっており、これらを達成していくことでホームページのSEO効果が高まるのです。

これを理解していかないと、ホームページから成果を出すことができないので、SEOはユーザとプログラムのためであると認識していく必要があります。

プログラムの判断基準

SEOはプログラムを知ること

ユーザのためには、そのページを見たユーザが魅力を感じるページ作成を行うだけで良いので省略しますが、ではプログラムはどのような判断基準を行うのでしょうか。

これについては、そのホームページのページ数が関わってきており、ページ数が多ければ多いほどそのホームページは良いホームページであると感じてくれ、さらには被リンクサイトの場合はその被リンクの効果を最大化させることが可能なのです。

そしてさらには、現在のSEOはかなり個々のページでの評価が強いものになっているので、しっかりと個々のページの原稿量を意識する必要が出てきます。

そうなってきた場合、被リンク対策で原稿を作成していく必要があるので、弊社も利用はしませんでしたが、一時自動原稿作成ツールなどを使おうと考えた時期があったのですが、これらを行うことで、一気に原稿作成が可能になります。

ただしこの原稿作成ツールは日本語に思えないくらい、文章が下手や上手以前に理解ができないものが多いので、一時的に効果を得ることはできても、後からスパムになる可能性が高いのです。

そのため本当に大変ですが、しっかりと外部のホームページでも原稿作成を行うようにしていくことで、中長期的なSEO効果を得ることが可能になるのです。

SEOは継続しなくてはならない

SEOは継続が大切

そしてSEOサービスを提供しているのですが、SEOを勘違いされている方も多くいらっしゃいますが、基本的にはSEOは継続しなくてはなりません。

実際に弊社でもホームページの原稿作成や被リンク対策は毎日行っており、これらを正直言えば行いたくないというのが本音になるのですが、上位表示しているホームページよりも被リンク数はもちろんページ数でも勝っていかなくてはならないのです。

そしてこのページ数や被リンク数は弊社の場合ですと、ページ数が100ページ、被リンク数が4000ほど負けているので、今後これらの数値を達成していくことで、ホームページの成果は飛躍的に高まります。

そして一点だけ注意点があり、その注意点とは、基本的にはこれらの数値を超えないと成果が出ないと考えてしまいがちですが、決してそんなことはありません。

それはグーグルがホームページの更新頻度を評価の対象に入れているためであり、SEO対策を行っているうちは、一日に大量のページ作成や被リンクの獲得ができると思いますので、これらを行い続けることで、更新頻度を一定以上に保つことが可能なのです。

そしてこの更新頻度を加味していくと、御社のホームページはグーグル評価でライバルよりも優れたホームページであると認識され、御社のホームページは期待以上の成果を得ることが可能になります。

そのため、SEO対策は本当に大変で、弊社でも本当にきついと思いながら対策を行っておりますが、取り敢えずはライバルサイトに追いつくだけのページ数と被リンク数にするまで、継続して行うようにしましょう。

そして上位表示しているホームページが更新をしていなくてもあまり順位が落ちないのは、ページ数が多いことや被リンク数が多いことが要因になっています。