ホームページ制作

ホームページ制作の成約率

ホームページの成約率

ホームページの成約率について検討したことはあるでしょうか。

この成約率はホームページの集客がある程度終わったら必ず必須になっており、しっかりとこれらの成約対策を行うことで、期待以上の成果を出せるようになっています。

この成約率についてはかなり大変なものになっていて、成約率を高めるために、例えば、アクセス解析のデータを確認して、問題のあるページを改善することで、成約率を高めたりするのですが、アクセス解析では問題ページは見れても何が問題になり、どう改善すれば良いかは分からないので、この辺りは何度も繰り返し行う必要があります。

そこで今回はホームページの成約率についてご紹介をいたします。

ホームページの成約率

ホームページ制作の成約率とは

まず、大阪でホームページ制作を行っております。

そしてこのホームぺージ制作の提案では主に、集客対策について提案をしているのですが、集客のウェイトが多いので、あまり意識されない方もいますが、成約の提案も行っております。

なぜ集客と成約のバランスをそのようにしているかというと、基本的にはホームページで多少なりとも成果を出すためには集客力が大切になるためです。

どういうことかというと、ホームページにはある程度固定化された成約率が存在しております。

固定化というと言い過ぎかもしれませんが、例えば成約率が1%のホームページでは、大体毎月の成約率が1%前後になっているのです。

そのため、もちろん訪問者数が増えれば、成約率は落ちていく傾向にあるのですが、訪問者数が変わらず、ホームページ内部も触っていないとなると、成約率は固定化されていることが一般的です。

そのため、極論にはなりますが、ある程度集客に成功していて、さらには自社のビジネスをしっかりと紹介しているホームページであれば、ある程度の成果を得ることが可能になっているのです。

そのためホームページ制作の成約率は基本的には固定化されており、これらをしっかりと読み解いていくことで、本当に成果の出るホームページ制作になります。

成約率対策は非常に大切

ホームページを制作したら成約率対策を行おう

そしてこの成約率は固定化されていると言いましたが、例えば、100人のホームページ制作で、お問い合わせが1件あったときにこのお問い合わせを10件にしようとするとどうすれば良いのでしょうか。

これについては、成約率が下がらないと仮定したときに、単純に訪問者数を10倍すれば良いので、100人から1000人にするだけで対応が可能です。

900人であれば比較的簡単に増やすことができるので、ここまでは良いと言えるのですが、例えば次にお問い合わせ数を10件から100件にしようとするとどうでしょうか。

このときには訪問者数は、1,000人から10,000人に増やす必要があり9,000人増ということができるのですが、一般的に9,000人も訪問者を増やすことは本当に大変な作業になってきます。

そこで必要になるのがホームページの成約率対策になっており、成約率が現状で1%であれば、2%にするだけで集客対策時間を大幅に減らすことが可能になっています。

このようにホームページ制作においては、単に集客対策だけを行っていても、期待通りの成果しか得れない、あるいは期待以下の成果しか得れないものになっているので、その段階まで来たらしっかりと成約対策を行う必要があるのです。

集客がある程度できれば成約対策

集客ができたら成約対策

そしてこの成約対策については、基本的にはある程度集客で成功した後に実施することが重要になっています。

どういうことかというとこの成約率対策で効果測定をしたときに、あまりに訪問者数が少ないページについてはそのデータが正確かどうかが分からないのです。

そのため、それぞれのページに対してある程度の訪問者が必要になっており、この訪問者数を最適化することで、ホームページ制作は期待以上の成果を出せるようになっています。

このある程度の訪問者数というある程度については、多ければ多いほどいいのですが、一般的にはそう訪問者数のうち何パーセントくらいという考え方になっており、その%については該当するページ数によって異なってくると判断していくと良いでしょう。

そしてこれらの施策によって問題のあるページをしっかりと改善していくことで、御社のホームページは飛躍的に成約率を高め、期待以上の成果を出せるようになります。

そしてこれについてまず見て頂きたいデータは、直帰率になっており、この直帰率は1ページだけを見て帰ってしまった訪問者の割合になっているので、この直帰率を下げることから対策をしていくようにしましょう。

ただし、ここで注意があるのが、直帰率が100%であっても1人しか訪問していなく、その1人が帰ってしまったら直帰率は100%になるので、このようなページについてはまず個別でページのSEO対策を行うことが重要です。

これらを仮説で改定していくことで、ホームページ制作の成果は大きく高まり、期待以上の成果の出るホームページ制作になるのです。