ホームページ制作

ホームページ制作後に確認していますか?

ホームページ制作後の確認

ホームページ制作後にしっかりと確認をしていますか?

このホームページ制作後の確認作業は非常に大切なものになっていて、しっかりと確認作業を行うことで、そのホームページは不具合なく公開することが可能なのです。

この確認作業においては実は結構重要になっていて、多少のレイアウト崩れなどにおいては、問題がないだろうという見切りでのホームぺージの公開は必ずホームページ制作の成果に影響を与えます。

そこで今回はこれからホームページ制作を行われる方のために、ホームページ制作の確認作業の重要性についてご紹介をいたします。

一般的なホームページ制作の場合

一般的なホームページ制作

一般的なホームページ制作の確認作業は比較的簡単ですが、ホームページ制作の確認作業は本当多くのことがあります。

例えば、ホームページ制作の確認作業でもっとも簡単に行えるのが、実際に全ページを自分が普段使っているブラウザでチェックすることになっているのですが、この作業は実は結構すべての会社さまで行っていただいております。

そして細かなチェック漏れがあるとしても、基本的にはホームページ制作会社が主要なブラウザすべてでチェックをしてさらには修正してくれているのでほぼ問題がないということが可能です。

そしてここでの注意点としては、一般的なブラウザすべての確認作業をしたほうがよく、弊社では、PCであれば、グーグルクローム、エッジ、ファイヤーフォックス、オペラでの確認を行い、そしてさらにプラスアルファとして、アイフォン、アイパッド、グーグルフォンのそれぞれの初期ブラウザでチェックをしております。

この確認作業は非常に大切ですので、必ずしも御社が普段使っているブラウザで訪問者が訪れてくれるということはないので、主要なブラウザであればどのブラウザで訪問しても不具合が起こらないようにしっかりとチェックをしていきましょう。

そしてさらには、更新システムが正常に動作しているかや、PC・スマートフォン・タブレットでお問い合わせフォームが正常に動いているのかなどもチェック対象になります。

そしてこれらをしっかりと行うことで、本当により良いホームページを制作することができたということができるのです。

このホームページの確認作業は最後の大仕事ということができ、これらをしっかりと行ったうえでホームページ制作を行うことで、本当に安全なホームページ制作になります。

ECサイト制作の場合

ECサイト制作

そして次に結構大変なのが、ECサイトの確認作業になっております。

こちらの確認作業では、オリジナルの場合は弊社で指定した購入方法などのチェックやまた、この不規則な購入方法を検討する際には思いつかなかったおかしな動作をしながら、購入チェックやマイページのチェック作業を行います。

この作業は本当に大変なものになっており、しっかりとチェック作業を行う必要があります。

ここをいい加減にしてしまうと、訪問者はもともと想定していなかった動きなども結構することも多いので、不具合の原因になってしまう恐れがあるのです。

ただこの購入チェック作業においては、会社によってはほとんどしてもらえることがないこともあるので、しっかりとそれを説明して少しでもいいのでしてもらうようにしなくてはなりません。

また、弊社は普段はそんなにECサイトを制作していないため、このチェック作業で修正作業を行うこともあるので、このチェック作業をしっかりと行っていき、問題点を改善していく必要があります。

そして当然ですがホームページ制作のチェック作業も行うことで本当に安心して利用ができるECサイト構築となるのです。

1ヶ月以内に問題点を全部出す

期限は大体1ヶ月

そして当然のことになりますが、ホームページ制作は永遠にサポートしてくれるものではありません。

大体このサポート期間はホームページ制作後から1ヶ月くらいであることが一般的で、もちろん弊社の場合はそこまで厳密に決めておりませんので、1ヶ月と2日程度であれば無償対応していますが、ベースは1ヶ月と見て頂ければと思います。

またさらにはなぜホームページ制作後にこのチェック作業を行うかというと、ホームページ公開後には訪問者が多く訪れているので、この段階でのチェック作業だけならいいにしても修正作業はできる限りは回避したいと思われます。

そのためできるだけ、ホームページ制作段階で対応をしたほうがよくこれらをしっかりと行うことで、期待以上の成果の出るホームページ制作になるのです。

このホームページ制作のチェックは結構大変で、しっかりとホームページ運営担当者が明確である場合はしっかりと行っていただけますが、営業マンや社長様が担当されている場合は、結構行わずにそのまま公開して、半年後ぐらいに直してくれと言われることもありますが、さすがに半年もたっていると初期不良で合っても有料対応になってきますので、しっかりと確認をしていくことが大切です。