ホームページ制作

ホームページ制作は安くていいか

ホームページ制作費は安くていい?

ホームページ制作は安くていいのかと稀にお客さまに聞かれます。

その理由は、弊社はホームページ制作後にお客さまのホームページ運営をサポートしているためであり、このサポート内容的にはホームページ自体の質についてはそこまで関係がないという話をすることが多いのです。

そのため、せっかく高い予算を制作したのに、その制作をしたはずのホームページ制作会社からそのようなことを言われたら当然、そのような質問が出てきてしまいます。

そこで今回は、ホームページ制作は安くていいのかについて解説をいたします。

ホームページ制作費は安いと

ホームページ制作費が安いと

ホームページ制作って安くても良いのかと稀にご質問をいただきます、

この回答にはまずホームぺージ制作費はなぜその価格になっているかを理解する必要があり、これらを明確に理解して初めて、安いとどういうデメリットがあるかを知ることが可能です。

まず基本的にはホームページ制作費が安いと、ホームページ制作時間が短くなってきます。

そしてそのホームぺージ制作時間が短ければ短いほど、さまざまな問題を抱えるのですが、その問題はホームページをブラウザで見たときは気が付かないような問題になっているのです。

どういうことかというと、これまで弊社がホームページ制作を行ってきた経験から言うと、確かに見た目についてはお客さまやそのホームページ制作担当の営業マンがチェックするので、問題がある場合はしっかりと直すことが可能です。

そして見た目は確かに対応がされていくのですが、実はホームページの裏側になるソースコードが煩雑であったり、SEO対策を意識していなかったりなどの多数の問題を抱えたホームページ制作になってきます。

そしてホームページのソースコードが煩雑だと、最も悪い例だと、ホームページ制作業者が変更されると、そのコードを直すのに本当に多くの時間がかかってくるので、ホームページ改定費が高かったり、さらにはその改定によって不具合が生じること、そしてSEO対策でどんなに頑張ってもなかなか成果が出ないなどの問題が発生いたします。

このように確かにホームページが完成してそして安い価格で制作ができたとなると、一見喜ばしいことに思われるのですが、中長期的に見たときや、ホームページの成果で見たときには、あまり良い状態にはならないのです。

そのためホームページ制作費や安ければ良いというものではなく、ホームページ制作を行う際に、中長期的な視点を持ってホームページ制作会社と打ち合わせをするのが良いでしょう。

ホームページ制作が安くていいと思う理由

ホームページ制作が安くていいと思う理由

では、なぜお客さまから弊社がホームページ制作って安くてもいいのというご質問をいただくかについてご紹介をいたします。

それは弊社のサポートに問題がある?のですが、基本的にはホームページを制作したらホームページの更新作業を行っていただきます。

そしてこのホームページの更新作業が進まないと、弊社としては、まったく更新していませんね。更新してください。とお伝えするのですが、これだけ伝えただけで更新してもらえるようであれば、初めからそのような会社さまではしっかりと更新作業を行ってくれていると思われます。

そのため弊社では、基本的にお客さまの認識の中には、ホームページ制作は質の高いページを増やすことが大切であると考えられているので、原稿執筆が進まないと判断をしており、質は取り敢えずある程度で良いので、とにかく手を動かしてくださいとお願いをしているのです。

そうすると、その話をしたときには大体の方が、とくに気に留めないのですが、しばらくしてから連絡があり、ページの質が低くてもいいのであれば、そんなに高い費用を出してホームページを制作しなくても良かったのではないかとご質問をいただきます。

これについては確かにそうかも知れませんが、しかし、実際にその記事を書いているページのソースコードはしっかりと質の高いものになっておりますし、さらには、主に更新して頂いているのがブログ記事になるのですが、グーグル自身もブログ記事については、テキストばかりで、たまに画像があってもそれは横幅いっぱいまでのことが多いと認識してくれています。

そのため、実はブログ記事の更新では、そこまでデザインの質が高くなくても効果を出せるものになっており、さらには原稿の質についてはどうなのでしょうか。

こちらについては、原稿の質とは、どのようなものになるのでしょうか。

読みやすく魅力的な原稿と答えられる方が多いと思いますが、その原稿をグーグルは判断できません。

グーグルはプログラムでホームページの情報収集を行いそしてランキングを決定しているので、これらを正確に判断することができないのです。

さらに言えばAIでと言われるかもしれませんが、AIとは基本的には参考になる原稿を大量にグーグルのデータベースに保管しておく必要があり、確かにグーグルのデータベースに保管されている情報は多いですが、それぞれのページの良し悪しを判断することができていないため、基本的にはスパムチェックのような位置づけで利用されていると思います。

そのため、最低限のグーグルが高く評価する施策は必要ですが、実はホームページの更新においては、そこまで原稿の質にこだわる必要がなく、しっかりと記述していればそれなりに評価されるようになるのです。

そしてホームページ制作費としては、原稿ではなくデザインのバリエーションを持たすことが大切であり、これらを行ってくれるのがホームページ制作会社になってくるので、あまり安く制作しても効果が出づらいものだということができます。