SEO

まったく効果がないサテライトサイト

効果の出ないサテライトサイト

サテライトサイトを制作して運営していても思ったほど効果が出ないということはないでしょうか。

このサテライトサイトにおいては、制作するだけでも相当の時間がかかるのですが、しかしその後運営を行わないといけないので、その作業量は膨大になっています。

そしてこの運営をしていると成果が出ないと何のためにサテライトサイトを精査K空いているかが分からなくなってくることが稀にあります。

そこで今回はサテライトサイトを制作して効果がなかったときの対処法をご紹介いたします。

効果があるかは結構運

効果は運だと思う

まずこのサテライトサイトですが、かなり弊社でも色々と調査をしている結果、サテライトサイトを制作して成果が出るかは結構運になっていると思います。

このサテライトサイトにおいては、なぜ成果が出るサテライトサイトと成果の出ないサテライトサイトがあるかというと、それはサテライトサイトのSEO状況というかグーグルの認識が関係しています。

サテライトサイトにおいては、基本的には、本体のホームページに良い影響を与えなければホームページ制作費はもちろんですが、運営時間もかかるのでまったく無駄になってしまいます。

そしてこのサテライトサイトの研究をしていてある一つのことに気が付きましたのでご紹介をいたします。

効果がなくても更新は続けるが

効果がなくても更新

それは効果が出なかった場合にその効果の大小はあるにしてもしっかりと運営していくことが大切です。

基本的には1年間サテライトサイトを運営してきた感じで言うと、最低限のページ数と装飾などを含めた原稿があるページにおいては、実は効果がないということはありません。

ただし、実際に効果の幅については結構さまざまななものになっていて、上がるホームページは平均で6位ほど上がることもありますが、上がらないホームページでは、平均1程度しか上がりません。

ただし、1程度でも平均になるので、さまざまなキーワードで上がっていることもあり、SEO対策でさらには1ページ目のホームページであれば非常に効果的であると言えるのです。

そのため、サテライトサイトの制作においてはある程度のボリュームが必要になると理解をしてしっかりと運営することが大切になっていて、そのボリュームについては弊社の場合で80記事で成果を出す場合もあれば、3記事で成果を出す場合もあります。

そして次に80記事で成果を出す場合と3記事で成果を出す場合のの違いについて検討してみました。

最小の労力で成果を出すサテライトサイトはリンク数が多い

リンク数が多い

3記事で成果を出すホームページは基本的には弊社の場合だと【ホームぺージ制作 大阪】で上位表示を狙っているのですが、そのサテライトサイトに【ホームぺージ制作 大阪】での被リンクが多いことが条件になっています。

例えば、当ブログであるHP作成ブログでは、ほとんどそのような被リンクがついていない形になるのですが、そのためこちらのサテライトサイトの効果は、弊社のホームページにおいては、0.5から2程度の効果を与えるにとどまっています。

逆にもともとは、弊社がホームページ制作をキーワードにして制作していたホームページでは、当然被リンク数も多いので、2記事程度を作成しただけで平均で6上げることができておりました。

そのため、サテライトサイトをしっかりと育てることはもちろん大事になるのですが、その育てる方法としては、そのホームぺージへと被リンク対策を行うことと、記事の追加になっております。

ここで、記事ばかりを追加していても意味がないと理解することが大切で、確かに記事の作成は重要ですが、それと同時並行で被リンク対策を行う必要があるのです。

このように効果がない主な原因は、記事数が足りないか被リンク数が足りないかのどちらかになっており、しっかりとこれらを対策建てて行うことで、本当に成果の出るサテライトサイトになるのです。

そして弊社ではこれらを理解したうえで、サテライトサイトの記事作成を行ったり被リンクを行っているのですが、ここでかなりの問題になるのがその運営時間になっています。

基本的には弊社ではこのサテライトサイトの運営は毎日行おうと思っておりますが、しかしこれらを毎日行うことは本当に大変なものになっています。

どういうことかというと現在記事を作成しているのですが、基本的には毎日更新すればいいのですが、しかしホームページ運営では行うことが非常に多いので、なかなか毎日対策を行うことはできません。

そのため、予約投稿をしているのですが、この予約投稿は本当に大変なものになっていて、例えば週に1記事の公開の場合には、4記事の公開が必要になり、1記事1時間でも4時間もの期間がかかってきます。

さらに肉体的な疲労も相当なものになっており、最初は順調に増やせるとしても、どんどん疲労が蓄積していき、現在の弊社の状況ですが、できればやりたくないと思いながら運営をしているのです。

しかしやらないとSEO効果を得ることができなくなるので、今後の対策としては、もっと効率よく記事作成を行える方法を探して対策しようと考えています。