SEO

SEOと更新頻度の関係

SEOと更新頻度

SEOをしていると更新頻度が大切だという言葉を耳にしたことがないでしょうか。

このホームページの更新頻度においては、実際に更新頻度を高め続けてもまったく意味がないものになっていて、これらについてはしっかりとSEOと更新頻度がどのような効果があるかを考える必要があります。

そこで今回はこのSEOと更新頻度についてご紹介をさせていただきます。

更新頻度だけでは駄目

更新頻度だけでは駄目

まずよくある間違いとして、SEOには更新頻度が重要であるのであれば、XMLサイトマップやファイルの最終更新日さえ差し替えればいいと考えることがあります。

さらに少しだけ努力をされている方であれば、1行のテキストだけを差し替えるということを行っていたりするのですが、実はこの努力はまったくの無駄になっております。

どういうことかというと、基本的にはグーグルが評価するリライトというのは、コンテンツを追加・削除することが大切になっており、大きくページの内容が改定されていないと評価をしてもらえないのです。

そしてこれらの更新日は実はほとんど見ていないのではないかと思っており、更新日だけが差し変わっていてもまったくSEO効果が出ることはありません。

そのため以外の多くの方がされているのですが、更新日だけを差し替える作業をしているのであれば、すぐに辞めてもよく正しい更新作業を行うことをお薦めいたします。

ではなぜ更新日というのか

更新日という理由

ではなぜ更新日というのでしょうか。

これについてはSEOにおけるホームページの更新頻度においては基本的には、更新日時を更新することではなくページの内容を大きく一新したり、さらには新規のページが増え続けることが大切になるのです。

これがホームページの更新頻度に影響を与えるものであり、基本的にはおそらく更新日をグーグルは見ていないのではないかと思っております。

その理由は、更新日については基本的には、ホームぺージを管理している会社さまであれば簡単に更新することが可能になっており、単純にスパムまでは言わないまでも、毎朝例えば、トップページのファイルを上書きするだけで、SEOに最適化することができるのです。

そしてこの作業だけで検索順位が変動するようであれば、SEOの更新頻度を知っている人が上がり、知らない人は順位が落ちるということになるので、グーグルの目指す方向性とは異なってしまいます。

グーグルが目指す検索結果とは、ユーザの検索キーワードに対して最も詳しいか最も人気のあるホームページのランキングになっており、単純に更新頻度で検索順位の操作はグーグルの意図とは少しかけ離れているのです。

そのため、SEO対策においての更新頻度とは、ページ数を増やすことになっており、これらをしっかりと行うことで、本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

更新頻度ではなく詳しさの向上

詳しさの向上

そしてこの更新頻度は実はSEOに意味がないものであると考えているのですが、しかし更新頻度が高いほうがSEOに強いことは間違いありません。

その理由は、更新頻度が高いということは、新規ページの作成やリライト作業が頻繁に行われるようになるためであり、これらによってホームページはどんどん詳しいホームページへと改定されていくので、当然詳しいホームページであればグーグルからの評価が高まり自然とSEOは成功するのです。

そのため、ホームページの更新頻度とは、新規ページの作成や更新においては大幅に更新していくことが大切になっており、これらを行わなければホームページのSEO効果が出ないものになっているのです。

そしてホームページの更新頻度だけを変えても一切意味がないものになっているので、しっかりと更新頻度はホームページの詳しさと関係していると理解をして対策を行うことで、期待以上の成果を得ることが可能なのです。

最初はリライトではなくとにかく新規作成

とにかく新規作成

そしてこの更新頻度で更新日時だけを変えても意味がないことが分かれば次にリライトか新規ページ作成かで悩まれると思います。

このリライトか新規ページ作成どちらがいいかについては、基本的にはそのホームぺージの状況によって異なってきており、例えばページ数が少ないうちはとにかく新規ページの作成を行い、そしてページ数が増えた状態ではリライト作業がオススメになります。

このリライト作業を行うタイミングとしては、もちろん闇雲に新規ページを作成していたら、問題があるのですが、しっかりと制作している場合であれば、大体500ページくらいになるまではリライトは必要がないのではないかと思っております。

この500ページというのは、基本的には非常にあいまいなページ数ではあるのですが、しかしグーグルも小規模サイトだと価値の低いページのリライトは必要がなく、500ページくらいになったらしっかりと質の低いページの改定を行いましょうとブログ記事に書いております。

そのため、御社が行う対策としてはまずは500ページを目標にとにかく新規ページの作成を行うことになっており、これらをしっかりと行うことで、本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

この500ページとなると、例えば1年の営業日が200日だった場合に1日1記事だと2年半もかかってしまうので、例えば1日の更新を1日2記事とすることで、効率良くページ作成が行えるようになるのです。

そしてなぜ2記事と言ったかというと、基本的にはページ作成においてはグーグルの認識速度を意識することが大切で、ページを更新すれば良いというものではなく、更新ページ数が多いとグーグルの認識速度を大きく上回り、せっかく作成したページがグーグルが認識してしまうので、しっかりとグーグルの認識速度に合わせてページを更新していくことがオススメになります。