SEO

SEOのページ作成のタイミング

SEOとページ作成

新規ページ作成がSEO効果があると言われております。

そしてこの新規ページ作成においては実は新規ページだけを作成していても意味がなく、ある程度の被リンク対策を行ってからページ対策だけを行うのが良いと思います。

これは実際に弊社が検索順位を調査した結果で言っているものになっていて、もちろん必ずしもこうすべきだというものではなく、経験則からこれが効果的に見えるという話になっております。

そこで今回はSEOとページ作成についてご紹介をいたします。

ホームページ制作会社によってはページ作成だけを推奨

ホームページ制作会社によってはページ作成だけを推奨

弊社は大阪にあるホームページ制作会社になるのですが、実際に提案をしていて別の会社はページ作成を1ヶ月に1度行うだけで1年くらいで成果を出せると言っていますと言われることがあります。

これについては新規ドメインで制作する場合においてはほぼ不可能であると考えらえており、いくらグーグルサーチコンソールを導入したからと言って、被リンクがまったくないホームページが上がることはないのです。

どういうことかというと、グーグルの発言になるのですが、アメリカのSEO会社がフォーラムで、被リンク対策はしなくて良いかと質問をしたところ、グーグルの発言は、もちろんそれでも上げることが可能になっているが、ライバルが被リンクをしている以上上がることはないと発言しておりました。

そして実際にホームページ制作をした後サポートを行っていると、確かにライバルが被リンク対策をかなり力を入れて行っていると、どんなにページ数で優っていても上げることは不可能であるケースが多く、その場合には被リンク対策が多少でも必要になっております。

このように被リンクは確かに非常に面倒なものになっているのですが、しかし最低限はしっかりと行っていく必要があり、これらをしっかりと行って初めてホームページはSEOで成果を出せるものになっているのです。

そしてこの被リンクは自然に集めるのが最も良いのですが、実際には自然に集まる被リンクはどんなにコンテンツの質が良くてもなかなか集まることはありません。

そのため、自分で被リンク対策を行う必要があるのですが、この自分で行う被リンク対策は非常に多くの労力がかかってしまうので、できれば効率よく行いたいと思われるものになっています。

そのためこの被リンク対策については効果的に行うことが重要になっており、ではこの効果的な被リンク対策はどのようなものになるのでしょうか。

効率の良い被リンク対策

効率の良い被リンク対策

では効率の良い被リンク対策はどのようなものになっているのでしょうか。

この効率の良い被リンク対策では、まずはホームページの更新とバランスを考えることが大切になります。

まず弊社の推奨するページ数の増やし方は、ホームページ制作時に100ページを増やしていただくことが大切です。

この100ページの制作は、基本的には100ページくらいあればグーグルはそのホームページのテーマに対して十分な情報量があるとみなしてくれること、そしてライバルサイトも大体100ページくらいであることが多いので、100ページと定めております。

もちろんライバルが200ページあるようであれば、100ページでは足りないのですが、現状で言えば100ページで十分であると言えます。

そしてそれからソーシャルメディアや他のホームページからの被リンクを集めます。

実際に他のホームページにおいてはそれほどの数がないのですが、50サイトくらいから被リンクが集まれば問題がないと思われます。

そしてそこから、またページ作成を行うのですが、ここで行うページ作成は、現状が100ページですので、200ページを目標としていただきます。

その理由は基本的に先ほど行った被リンク対策は、それほど効果がないのですが、あるよりはあったほうが絶対に効果的なものになっている程度になるのです。

ただ稀にこれだけで成果の出るホームページもあるので、取り敢えずはしっかりと登録をしていくことで、本当に成果の出るホームページ制作としております。

そしてさらにはグーグルに詳しいホームページとして認識してもらうために、新規ページを作成していただくことですが、ここではもうプラス100ページの作成を行っていただいており、これでかなり詳しいホームページとなってきます。

そして検索順位が上がればここからは、定期的なホームページの更新だけで良いのですが、ここで上がらなかった場合はさらにここから被リンク対策を実施します。

ここで実施する対策は、ライバルと被リンク数を並べるための対策になっていて、無料ブログで問題ないので、無料ブログからホームページへとリンクを行うことで、自社のホームぺージのSEO効果を最大化させるのです。

そしてここである程度被リンクが集まった後、被リンク対策は実はこれ以上は相当な数がないと成果を出せないので、気力があれば被リンクで順位を上げる、そこまでやってれないという場合は新規ページの作成を行うようにしましょう。

具体的なページ数や被リンク数は、御社の狙うキーワード次第になってきますが、結構ホームページによってもしっかりと被リンク数があるホームページはページ作成だけをしっかりと行っているだけで検索順位を上げているので、被リンクをするか新規ページ作成を行うかは自分で選択するといいでしょう。

この新規ページの作成と被リンクについては、ライバルサイトの数を見て判断していくことが大切で、ライバルサイトと比べて極端に劣っている方を選択していくことで、少しずつ必ずホームページの成果が向上します。

これが効率の良いページ作成法になっており、しっかりと行うことで期待以上のSEO効果を得ることが可能なのです。