ホームページ制作

ユーザのためのホームページ制作

ユーザのためのホームページ制作

ホームページ制作は基本的にはユーザのために行うものになっています。

このユーザのためにと言うのは非常にあいまいな言葉になっていて、例えば何がユーザのためになるのでしょうか。

このユーザのためのホームページ制作には、当然ですがユーザがホームページを見たときに、分かりやすく魅力的であるということになるのですが、何が分かりやすく魅力的かについてはそのホームページ制作会社によって異なります。

そこで今回は、大阪でホームページ制作会社をしている弊社のユーザのためのホームページ制作についてご紹介をいたします。

ユーザのためのホームページ制作とは

ユーザのためのホームページ制作とは

よく耳にすると思いますが、ユーザのためのホームページ制作は本当に大切です。

どういうことかと言うと、ユーザのためにホームページ制作を行うことで、御社のホームページの成果は飛躍的に高まるのです。

そしてこれらを徹底して行うことで、ホームページ制作は成功するのですが、これらを行うことは決して簡単なものではありません。

基本的にはこのユーザのためのホームページ制作においては、何がユーザのためかは分からないのですが、しかし、その対策法が定型化されていることも多いので、それらを利用してホームページ制作を行っており、これらを徹底することで、そのホームページ制作の成果は飛躍的に高まります。

しかし実際にはこれらをふんだんに利用してホームページを制作したところで、結構な頻度でそれがユーザのためになっていないことがあるのです。

当然まったく成果が出ないという意味ではなく、ホームページ制作後に、グーグルアナリティクスなどを利用して調査をすると、そのページの直帰率が極端に高いこともあります。

基本的にはユーザのためのホームページ制作においては、確かに制作段階からユーザを考えて制作することが大切になりますが、しかし本当に重要なのは実際のユーザを見て、ホームページを更新していくことであると思っております。

そのため、アクセス解析を利用したホームページ運営は重要になっており、これらを利用することを考えたホームページ制作を行うことで、御社のホームページ制作は本当にユーザのためのホームページになるのです。

弊社ではこれらを考えたホームページ制作を行っておりますので、ユーザのためのホームページ制作をご検討の方はお気軽にご相談ください。

https://www.sevendesign.biz/

ユーザのためのホームページ制作にはSEOが必須

やはりSEOは必須になる

そしてユーザのためのホームページ制作にはSEOが必須になっています。

どういうことかと言うと、実はSEOはユーザのことを考えて施策方法が決定しており、このユーザのためにと言うのは基本はグーグルが定めたルールになっています。

そのため、100%そうだとは言い切れないのですが、しかしSEOはホームページにとって非常に大事な集客施策になっており、そしてホームページは集客施策が上手くいけば必ず成果を出せるようになっているのです。

そしてこの集客については、グーグルが定めたユーザのための施策を行うことで、SEOでも成果を出すことができますし、さらにはホームページの成約率も高めることが可能なのです。

ただし、SEOの分析などをしていると、どうすればSEOに有利かなどの具体的な施策法を知ることができるのですが、その施策法を追求するだけでは、ホームページは成果を出せることがありません。

もちろん確かにSEOにとっては強いホームページになるのですが、しかし、施策方法だけを考えたホームページでは、実はかなりユーザとかけ離れたものになるので、これらの施策方法だけを追求するのではなく、1ページ1ページをユーザのことを考えてホームページ制作を行うことで、御社のホームページは本当に成果をだせるようになっているのです。

弊社は大阪でホームページ制作を行っているのですが、この施策方法は確かにある程度は頭に入っていて、これらを徹底することができれば確かにSEOに効果を出すことができるのですが、しかし昔の実績でとにかくSEOだけをして欲しい、デザインはなんでもいいというお客さまがいて、グーグルの仕様に則ってホームページを制作したのですが、しかしその大阪のお客さまにおいては、確かに成果を出してはいましたが、直帰率や一人が見た平均ページ数は非常に悪い状態になっていました。

しかし成果が出ているので、特に問題視をされておりませんでしたが、これらのお客さまはグーグルの仕様が変われば売り上げが下がるということを理解していく必要があり、これらを行うことで、本当にホームページの成果は高まるのです。

グーグルもユーザも半々のホームページ制作

ユーザとグーグル半々が良い

そしてこれらを考えていて弊社がたどり着いたのがグーグル対策もユーザのためのホームページ制作も半々くらいのホームページがベストであるということです。

実際に大阪でホームページ制作を行っていて、お客さまの要望はユーザよりもSEOに傾いていることが多いので、実績としてはどちらかと言うとSEOになるのですが、しかし本当の理想はもう少しSEO施策を減らしてユーザのためのホームページ制作を行うことになっています。

どういうことかと言うとグーグル対策ばかりに目を向けるとスタッフブログなどの記事ページを作成してそこに大量の文字数のページを作成することになるのですが、実際にそれらの文字数は内容によっては最適ではないということが可能です。

現在のグーグル検索ではこの文字数が多いホームページが大量にランクインされていて、実際に弊社で調べ物をするときにたまに、文字数が多すぎて別のページを探すということもあります。

文字数が多いのは確かにSEOに効果的なのですが、しかし文字数などについても基本はユーザのために減らしてその分別の箇所でSEO効果を高めることが大切です。

実際にSEOを突き詰めていくと更新量になっていて、この更新量については、1エページ目のホームページもページ数が大事だと知っているので、かなり頑張ってページを増やしております。

そのため、短期間で上げるのではなく中長期戦略でSEOを考えることで、ユーザに対しての対策も行えるようになり、本当に効果的なホームページ制作になるのです。

ただし、この施策は実際に年単位で期間がかかるので、根気よくSEOを行うのが良いでしょう。